神仙桑抹茶ゴールドを飲んでみたら・・・

神仙桑抹茶ゴールドと一緒に梱包されていた特典の品や、
冊子やチラシなどをご紹介しましたが、
いよいよ神仙桑抹茶ゴールド本体を開封して、
飲んでみたいと思います。

まずは、パッケージは以下の画像のような感じです。
緑の若葉をデザインした箱に、
金色のラベルが中央に配置されていて、
豪華な感じですね。

shinsen-s007.jpg

パッケージの裏面は、以下の画像のようになっています。
神仙桑抹茶ゴールドの説明や作り方が掲載されています。

shinsen-s008.jpg

パッケージを開封してみたら、
スティック状の神仙桑抹茶ゴールドが縦に並んで入っていました。

shinsen-s009.jpg

早速、飲んでみようと思い、
シェイカーに水を180cc入れて、神仙桑抹茶ゴールドも入れました(以下の画像です)。
神仙桑抹茶ゴールドを入れただけで少し溶け出したので、
私が思っていた以上に溶けやすいと思いながらも、
シェイカーが付いているわけですから、
それなりにダマになるのだろうとも思っていました。

shinsen-s010.jpg

次の画像はシェイカーを30回くらい振った後の画像です。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、しっかりと溶けています。

shinsen-s011.jpg

今回は常温の水で神仙桑抹茶ゴールドを溶かしてみて、
とても溶けやすく感じましたが、
後日、冷水や冷たい牛乳に溶かしてみたところ、
はやり少しだけですが、ダマができます。
私的には、このダマも美味しいと感じるので、
全く問題ないのですが。

シェイカーで溶かした神仙桑抹茶ゴールドをコップに移して、
氷を2、3個入れました。それが下の画像です。

shinsen-s012.jpg

どの画像もそうですが、
青汁の色が濃く見えますね。

飲む前の予想では、
少しだけドロドロした感じがあるのかな?なんて思っていましたが、
実際に飲んでみると、ドロドロ感は全くありません。
むしろ、お水のようにサラサラしていて、
とても飲みやすいです。

風味は抹茶のようですが、
抹茶よりもサッパリしていると思いました。

まずさ、苦味、生臭さなどは一切なく、
まさに抹茶の味ですね。美味しいです。

先程、神仙桑抹茶ゴールドを冷たい牛乳にも溶かしたと書きましたが、
牛乳に溶かすと、抹茶オーレのような感じで、とてもおいしいです。
これならお子さんでもおいしく飲めると思います。

神仙桑抹茶ゴールドを飲んでみた感想ですが、
抹茶のような味で、サラッとしていて、
とてもおいしいと思いました。
(ジュースのような美味しさとは異なります)

また、神仙桑抹茶ゴールドは水で簡単に溶けますが、
お湯などの温かいものの方が溶けやすいですね。
私的にはダマになっていても全く問題ないというか、
ダマが好きだったりしますので、
冷たくても温かくても、どちらでも良いですね。
ちなみに私は、冷たいものに溶かす時は、
いつもシェイカーを使っています。

また、ダマが美味しいということは、
神仙桑抹茶ゴールドの粉末自体がおいしいということですので、
何かに振り掛けたり、料理に混ぜたりして、
使うこともできると思います。
(残念ながら、まだ試していません)

神仙桑抹茶ゴールドは、
私的には、余裕で合格点です。
このまましばらく飲み続けて、
効果についても確認したいと思います。


もし神仙桑抹茶ゴールドに興味を持たれましたら、
以下に神仙桑抹茶ゴールドの公式ページを掲載しておきますので、
詳細をご確認いただければと思います。




次の記事「神仙桑抹茶ゴールドは便秘に効く?」はこちら



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。